車を査定に出したい時に知っておくといいことを調べました。
<< インターネットの車売却一括見積りサイト | main |
親戚や家族が所有者として登録され
0
    親戚や家族が所有者として登録されている車も買取業者などに売却することは可能です。
    まず売買契約に必要な書類のほかに、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてちょうだい。
    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。
    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。
    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。
    数々の査定実績のある買取専業店からすると、個人レベルで幾ら工夫しようと査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。
    虚偽申告は信頼関係を破綻指せる原因として充分ですし、そうなると価格交渉どころではありません。
    また本来申告すべき情報を隠す行為は法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。
    それに契約書をよく読んでいくと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。
    専業店に依頼して車を売るのは始めてという人も少なくないでしょう。
    次のような流れになりますので参考にしてちょうだい。
    始めにインターネットの一括査定サイトを活用して、現物確認なしの仮査定額をチェックします。
    次に現物を業者から派遣された査定士が判定し、実際の査定額(買取額)が提示されます。
    提示額が不満なら交渉の余地があります。
    そして価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。
    引渡日当日になったら専業店に車とカギを渡し、専業店側で名義変更の手続きなどが行なわれたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。
    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。
    これは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。
    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。
    でも、自動車税の残り期間がすごく残っている場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。
    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。
    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきて下さい。


    Posted by : iinokuruma | 日記 | 15:33 | comments(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 15:33 | - | -
      コメント









      TOP